NPO法人クレブスサポートが運営するさがのがん予防情報サイト。
がんとともに生きる佐賀net
がんの悩み相談 回答集
Home ごあいさつ NPO法人クレブスサポートとは 佐賀のがん がん検診情報 お知らせ
 
回答集
 
皆様から寄せられた質問に回答します
 

肺がんの標準治療と最新治療の違いは?

 
質問:(60代 男性 神埼市)

肺がんのステージI と診断され、局部切除が決まりました。標準治療と最新治療の違いは何ですか。

 
回答:(佐賀大学医学部診療准教授)

標準治療とは現時点で最良の治療のことです。
非小細胞肺がんステージI に対する標準治療は、切除可能な全身状態であれば手術療法が最も根治性が高い治療法です。
術式としては、肺葉切除術+周囲のリンパ節郭清術が標準術式です。全身状態や腫瘍の部位・悪性度を加味して、縮小手術や拡大手術になることがあります。
一方、最新治療とは新しい考え方だが最良とは限らない治療法です。
従って、原則としては標準治療を受けることをお勧めします。

 
その他の質問
 
 
「がんになっても安心して暮らせる社会」の実現を目指して行動します。
NPO法人 クレブスサポート
〒840-0052   佐賀市今宿町5番5号
TEL 0952-23-8231
FAX 0952-23-8216
mail npokrebs@yahoo.co.jp
 
Copyright © 2008, KREBS SUPPORT. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー