NPO法人クレブスサポートが運営するさがのがん予防情報サイト。
がんとともに生きる佐賀net
がんの悩み相談 回答集
Home ごあいさつ NPO法人クレブスサポートとは 佐賀のがん がん検診情報 お知らせ
 
回答集
 
皆様から寄せられた質問に回答します
 

前立腺がんの早期発見と検査について

 
質問:(50歳代、男性、佐賀市)

家族に前立腺がんになった者がいる場合の検査(PSA)は年に1度でよいでしょうか?
  

 
回答:(佐賀県立病院好生館 泌尿器科部長 徳田倫章)

家族に前立腺がん患者がいる場合、有意ながんのリスク因子になります。
ただ、家族に前立腺がんがいるから頻回に検査しなければいけないというわけではありません。一般的には55歳ぐらいからPSA検査を受けることを勧められていますが、50歳からでもいいという意見もあります。
ご心配なら50歳時に健診やドックでPSAを検査し、2.0以上であれば、せめて年1回は調べたほうがよいでしょう。PSAの値が上昇するようであれば精密検査(生検)をお勧めします。
前立腺がんの発生が多い米国では、40歳の時にPSAを測定し、2.0以上であれば、精密検査を行い、がんが見つからなければ、以後は毎年PSA検査を行います。40歳の時のPSAが2.0以下ならば5年後に再検することを勧めています。
いつからどれくらいの間隔でやればいいということははっきりとは決まっていません。

 
その他の質問
 
 
「がんになっても安心して暮らせる社会」の実現を目指して行動します。
NPO法人 クレブスサポート
〒840-0052   佐賀市今宿町5番5号
TEL 0952-23-8231
FAX 0952-23-8216
mail npokrebs@yahoo.co.jp
 
Copyright © 2008, KREBS SUPPORT. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー