NPO法人クレブスサポートが運営するさがのがん予防情報サイト。
がんとともに生きる佐賀net
がんの悩み相談 回答集
Home ごあいさつ NPO法人クレブスサポートとは 佐賀のがん がん検診情報 お知らせ
 
回答集
 
皆様から寄せられた質問に回答します
 

胃がん術後の体重を減らさない方法は?

 
質問:(70代、女性、佐賀市)要介護1、一人暮らし。

1年前に胃を4分の3摘出、胆嚢を全摘して47kgあった体重が現在、39kgに減少しました。食欲はあまりありません。努めて食べるようにしていますが、栄養が足りているのか心配です。これ以上体重を減らさない方法があれば教えてください。

 
回答:(佐賀大学医学部一般・消化器外科講師 北島吉彦)

胃の4分の3を切除されていますので、残った胃の容量は手術前の4分の1と非常に小さくなっています。このため 手術前のように一度にたくさんの食べ物を摂取することができません。
お悩みの症状は小胃症状と呼ばれ、胃切除後に起こる様々な症状(胃切除後症候群)のひとつです。治療は、これまでの食習慣を改善し、新たな食習慣を身につけていくことが基本となります。具体的には、1回の食事量を減らし、消化が良く栄養価の高いものを1日数回に分けて、ゆっくり時間をかけて食べるなどの工夫が必要になります。焦りは禁物です。急がずゆっくりが大事です。必ず、徐々に少しずつ食べられるようになります。

 
その他の質問
 
 
「がんになっても安心して暮らせる社会」の実現を目指して行動します。
NPO法人 クレブスサポート
〒840-0052   佐賀市今宿町5番5号
TEL 0952-23-8231
FAX 0952-23-8216
mail npokrebs@yahoo.co.jp
 
Copyright © 2008, KREBS SUPPORT. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー