NPO法人クレブスサポートが運営するさがのがん予防情報サイト。
がんとともに生きる佐賀net
がんの悩み相談 回答集
Home ごあいさつ NPO法人クレブスサポートとは 佐賀のがん がん検診情報 お知らせ
 
回答集
 
皆様から寄せられた質問に回答します
 

胃や腸のポリープとがんの違いは?

 
質問:(50代、男性、唐津市)

胃や腸のポリープとがんは違うのですか?
  

 
回答:(佐賀大学内科教授 藤本一眞)

胃や腸では隆起した良性の病変のことを一般的にポリープと呼んでおり、がんとは違います。
ポリープと診断されても心配する必要はないと思いますが、胃や大腸のポリープの中には内視鏡による切除等の治療が必要なものと、必要でないものがあります。治療が必要なものの中で一番重要なのは腺腫とよばれるもので、がん化する可能性があります。大きさが大きいものほどがん化しやすいのですが、治療が必要かどうかは場合によって異なりますので、専門の医師に相談してください。
その他治療が必要なポリープとしては、出血の可能性のあるものや、大きさが大きくて消化管の通過障害をおこすものがあります。治療の必要性はやはり場合によりますので、専門の医師に相談してください。

 
その他の質問
 
 
「がんになっても安心して暮らせる社会」の実現を目指して行動します。
NPO法人 クレブスサポート
〒840-0052   佐賀市今宿町5番5号
TEL 0952-23-8231
FAX 0952-23-8216
mail npokrebs@yahoo.co.jp
 
Copyright © 2008, KREBS SUPPORT. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー