NPO法人クレブスサポートが運営するさがのがん予防情報サイト。
がんとともに生きる佐賀net
がんの悩み相談 回答集
Home ごあいさつ NPO法人クレブスサポートとは 佐賀のがん がん検診情報 お知らせ
 
回答集
 
皆様から寄せられた質問に回答します
 

重粒子線治療は放射線治療とどう違うの?

 
質問:(20代、女性、基山町)

今度、鳥栖市に重粒子線治療施設ができるそうですが、重粒子線治療は放射線治療とどう違うのですか?
  

 
回答:(佐賀大学医学部附属病院放射線科教授 工藤祥)

通常の放射線治療で用いられる透過力の強いエックス線は、体表面近くから深く進むにつれて徐々にエネルギーを放出するため、腫瘍(がん)周囲正常組織への障害が無視できません。
一方、重粒子線治療では炭素イオンを加速して体に当てますが、これはある特定の深さで急にエネルギーを放出するという特性(ブラグ・ピーク)があり、この深さや範囲をフィルターなどによって調整することにより腫瘍部分のみに強いエネルギーを与えることができます。そのため、正常組織への損傷が最小に抑さえられます。
また、一回の照射で与えられるエネルギーが大きいため、少ない照射回数で治療日数が短くなり、加えて、元来放射線が効きにくいタイプの腫瘍(がん)も治療が可能となります。

 
その他の質問
 
 
「がんになっても安心して暮らせる社会」の実現を目指して行動します。
NPO法人 クレブスサポート
〒840-0052   佐賀市今宿町5番5号
TEL 0952-23-8231
FAX 0952-23-8216
mail npokrebs@yahoo.co.jp
 
Copyright © 2008, KREBS SUPPORT. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー