NPO法人クレブスサポートが運営するさがのがん予防情報サイト。
がんとともに生きる佐賀net
がんの悩み相談 回答集
Home ごあいさつ NPO法人クレブスサポートとは 佐賀のがん がん検診情報 お知らせ
 
回答集
 
皆様から寄せられた質問に回答します
 

C型肝炎患者は鉄の取り過ぎがよくないと聞いたけどなぜ?

 
質問:(50代、男性、鹿島市)

C型肝炎患者は鉄の取り過ぎがよくないと聞きました。なぜですか。
  

 
回答:(佐賀大学医学部附属病院 肝臓・糖尿病・内分泌内科 診療准教授 水田 敏彦)

C型慢性肝炎の患者さんは、普通の人より肝臓に鉄が溜まりやすいことが分かっています。

鉄が過剰に蓄積すると肝臓の中で活性酸素の産生が高まり、それが肝臓の炎症や遺伝子の障害を引き起こし、肝硬変や肝臓がんへの進行を促すことになります。
このような理由でC型慢性肝炎の患者さんは、1日の鉄摂取量を6mg以下に制限することが推奨されており、これを守ることにより肝臓の炎症(AST・ALT値)が軽くなることが証明されています。

食事以外で気をつけなければならないことは、アルコールは鉄の吸収をさらに高める作用があることから、なるだけ飲酒は控えることと、健康食品の中には鉄分がたくさん含まれているものもあるので、もし使用する際はよく内容を確認してから服用することをお勧めします。

 
その他の質問
 
 
「がんになっても安心して暮らせる社会」の実現を目指して行動します。
NPO法人 クレブスサポート
〒840-0052   佐賀市今宿町5番5号
TEL 0952-23-8231
FAX 0952-23-8216
mail npokrebs@yahoo.co.jp
 
Copyright © 2008, KREBS SUPPORT. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー