NPO法人クレブスサポートが運営するさがのがん予防情報サイト。
がんとともに生きる佐賀net
がんの悩み相談 回答集
Home ごあいさつ NPO法人クレブスサポートとは 佐賀のがん がん検診情報 お知らせ
 
回答集
 
皆様から寄せられた質問に回答します
 

舌がんの放射線治治療について教えてください。

 
質問:(60代、男性、唐津市)

舌がんの放射線治治療について教えてください。
  

 
回答:(佐賀大学医学部 重粒子線がん治療学講座 徳丸直郎)

舌がんは、口の中にできるがん(口腔がん)のうち最も多く、約5割を占めています。
舌がんに根治的な治療を行う場合、再建術など手術技術が発達したことや、実施できる施設が多いことなどから、現在は手術が主体となることが多いです。
一方、舌は重要な機能である構音(いろいろな声を出す・歌う)・摂食(食事をとる)・嚥下(食べ物を飲み込む)に深く関わっていることから、舌がんは機能・形態の温存ができるという放射線治療の利点が生かせる領域でもあります。
舌がんの早期(T期やU期)は、放射線治療(中でも小線源治療)のよい適応とされており、放射線治療のみでも、手術と同様の治療成績が報告されています。
ただ舌がんに小線源治療を行う場合には、特殊な設備や技術が必要で、どこでも行えるわけではありません。
最近では進行期舌がんにおいても、外部放射線治療と化学療法を併用する治療により、手術に匹敵するような成績も示されてきています。手術が行われる場合でも、(腫瘍を小さくすることを目的に)手術前に外部放射線治療を行うことや、手術で取り出された部位の病理検査結果により、手術後に外部放射線治療を行うこともよくあります。

 
その他の質問
 
 
「がんになっても安心して暮らせる社会」の実現を目指して行動します。
NPO法人 クレブスサポート
〒840-0052   佐賀市今宿町5番5号
TEL 0952-23-8231
FAX 0952-23-8216
mail npokrebs@yahoo.co.jp
 
Copyright © 2008, KREBS SUPPORT. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー