NPO法人クレブスサポートが運営するさがのがん予防情報サイト。
がんとともに生きる佐賀net
がんの悩み相談 回答集
Home ごあいさつ NPO法人クレブスサポートとは 佐賀のがん がん検診情報 お知らせ
 
お知らせ
  お知らせ一覧表示
ピアサポーター1期生18名が誕生しました。

第1回佐賀がんピアサポーター養成講座を修了したがんピアサポーター1期生18名が誕生しました。修了式は11月9日、佐賀市天神1丁目の佐賀県総合保健協会で行われ、NPO法人クレブスサポート理事長の吉野徳親から受講者代表に修了証を手渡しました。

この講座は、佐賀県内のがん患者・家族を対象に一般から募集した受講者33名を対象に9月から3回、延べ12時間にわたって行いました。

ピアサポーターは、がん患者・家族と相対して傾聴やがん体験を語り合うことで、正しくがんと向き合えるようにすることが目的です。
そのために、がんについての知識やコミュニケーション術など高い専門性が要求されます。

養成講座は佐賀大学医学部附属病院や佐賀県医療センター好生館などから講師を迎え、サイコオンコロジー(精神腫瘍学)の理論と実際をもとに講義と実習、ワークショップなどを行いました。

日本対がん協会のホームページによると、九州では平成25年度から一斉にピアサポート事業またはピアサポーター養成講座が始まっています。
同年9月1日現在、福岡と佐賀、沖縄がすでに実施または着手しており、熊本、宮崎、鹿児島の各県が年度内に実施を計画しています。
実施主体は福岡、佐賀、鹿児島が患者会またはNPOで、熊本、宮崎、沖縄は自治体(県)が実施主体となっています。



グループに分かれてロールプレイを行う受講者たち
主な講座内容

ー1日目ー
受講者の自己紹介、参加者交流・体験発表

講義「佐賀県のがん対策と患者支援」「ピアサポートとは何か」

ー2日目ー
講義・DVD視聴・ワークショップ

テーマ「ピアサポートにとって大事なこと」
「よりよいコミュニケーションのために」など

ー3日目ー
講義・アイスブレーキング・ロールプレイ・ワークショップ

テーマ「傾聴の仕方」「個人情報を守る」「医療行為の判断には踏み込ない」など 

【主催】
 NPO法人クレブスサポート、
 公益財団法人佐賀県総合保健協会

【後援】 佐賀県健康増進課

【協力】 九州ろうきん



【事務局から】

がんになったら分かりますが、人生を左右する治療の選択肢を
自分自身が決めなければなりません。
そのとき役に立つのは、同じがん患者・家族の体験談です。
特に生還者の体験談は貴重です。

受講者のアンケート調査の結果、
「養成講座を今後も開催してほしい」という声が大多数でした。
引き続き学びたいという意味と、後に続く人にも講座の機会を
与えてほしいという意味があると思います。

アメリカでは、がんと診断されたとき、最初に相談するのはピアサポーターだそうです。
ピアサポーターには、活動の場がない、組織がない、活動資金がない、
といわれますが、近い将来、必ず日本社会に認知される日が来ると思います。

佐賀県における1期生の誕生は歴史的意義があります。
私たちはピアサポーターに活動の場を提供するために努力します。(鶴田)

 
「がんになっても安心して暮らせる社会」の実現を目指して行動します。
NPO法人 クレブスサポート
〒840-0052   佐賀市今宿町5番5号
TEL 0952-23-8231
FAX 0952-23-8216
mail npokrebs@yahoo.co.jp
 
Copyright © 2008, KREBS SUPPORT. All Rights Reserved.
プライバシーポリシー